平成24年度 森の保育園(夏)~有住保育園

2015年2月23日

有住保育園の夏の「森の保育園」が、7月27日(金)に行われました。

この日は、森の案内人の佐々木慶逸さん、紺野好子さんを講師に、有住保育園の年長・年中20人と住田高校のボランティア高校生が7人参加。夏の種山を楽しみました。

物見山の駐車場に到着です。


年中さんにとっては初めての種山。危険な動植物をしっかり覚えようね!


元気に散策開始!








物見山の山頂に到着しました。水分補給をして一休み。


さあ、いよいよ物見山オリエンテーリングの開始です。
4つのチェックポイントで出されるミッションをクリアし、ゴールを目指しましょう!
最初のミッションは…「物見山のてっぺんで牧歌を歌おう!」です。みんなとっても元気に歌えましたね。


続いてのミッションは…「巨人の左足に寝ころがろう」です。
巨人の左足は、5つ並んだ大きな岩が、左足の指のように見えることから名付けられたようです。
自然の中で寝ころがるって、気持ちいいですね!


次のチェックポイントは、宮沢賢治が「種山の突端」と表現した「モナドノックス」。マークさんが待っていました。
ミッションは、「英語の問題に答えよう!」 みんな分かるかな?


最後のミッションは「ひとり一つ笹舟を作ろう」です。ちょっと難しかったけど、森の案内人さんや高校生のお姉さんに手伝ってもらって、ちゃんと作れたね!




ゴールは気象観測所。グループごとに記念写真を撮りました。


オリエンテーリングが終わった後は、せせらぎの広場にバスで移動し…


お待ちかねのお昼。高校生のお姉さんを囲んで楽しく食べました!


お昼の後は自由時間。近くの小川で水遊びです。


オリエンテーリングで作った笹舟の進水式!


ヤグルマソウにちょっと手を加えると…


大きな風車に大変身!


トンボにエサを…


鬼ごっごする人この指とーまれ!
みんな自由時間をとても楽しんでいますね。


高校生のお姉さんが、紙芝居を読んでくれました。
今回も、高校生にお願いして、子どもたちに呼んであげたい紙芝居を事前に選んでもらい、自宅で練習してから読んでもらいました。
ひとつは「どんぐりと山ねこ」


もう一つは「注文の多い料理店」
子どもたちは真剣に聞いていました。
今回も高校生ボランティアさんがとても頑張ってくれました。


今回も楽しい森の保育園でしたね。種山さん、秋もよろしくお願いします!



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3869