平成25年度 森の保育園(秋)~有住保育園

2015年2月23日

有住保育園の秋の「森の保育園」が、10月11日(金)に行われました。

この日は、森の案内人の佐々木慶逸さん、紺野好子さんを講師に、年長さん・年中さん22人と住田高校のボランティア高校生6人が参加。
秋の種山を楽しみました。

園児たちを乗せたバスが種山に到着しました。


あいにくの天気で、カッパを着て散策しました。


子どもたちが手にしているのはビンゴカード。「ほそいはっぱ」、「てよりおおきなはっぱ」など、カードに書かれているものを探しながら散策です。


うさぎさん(^^)


葉っぱの帽子(^^)


おおきな葉っぱ、見つけたね。


マユミの実がとてもきれいでした。


ドングリひろったよ!


素敵な杖でしょ?




お姉さんと、はいポーズ(^^)


カタクリの広場では、ヤマナシを食べました。


味はどうかな?


おいしい!


お姉さんも味見。


この後、水辺の広場まで歩きました。


お昼は、バスで移動した後、大股地区公民館で食べました。


おにぎりおいしいね(^^)


お兄さんたちが紙芝居を読んでくれました。


みんな真剣に聞いています。


自然の物を使った工作もしました。


木の実や木の枝、皮、葉っぱなどを、グルーガン(スティック状の樹脂を溶かして接着する道具)でくっつけます。


グルーガンを使う作業は、やけどの恐れがあるので、高校生ボランティアさんが担当しました。


子どもたちは、「ここにこれをつけて」と、お兄さん、お姉さんにお願いしてつけてもらいます。


どんな作品ができあがるのかな?


上手にできましたね(^^)


こちらも素敵ですね(^^)


みんな上手ですね!








いいですね~(^^)




今日も楽しい森の保育園でしたね(^^)



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3869