林業について学ぼう~世田米小学校6年生「町有林伐採現場見学」

2015年2月23日

世田米小学校の6年生25人が11月11日、町有林の伐採現場を見学しました。

下有住奥新切の町有林を伐採している(有)松田林業より、伐採した木が役場新庁舎の材料として使われる可能性が高く、またとない機会なので地元の子どもたちに伐採現場を見学してもらってはどうかと話をしていただき、この学習が実施されることになりました。

見学に先立ち、役場産業振興課の伊藤愛副主幹を講師に、世田米小学校で事前学習を行いました。
森林の役割や、林業とは何かについて、概要を教えていただきました。


その後バスで伐採現場近くまで移動。
(有)松田林業取締役の松田昇さんか出迎えてくださいました。


ここから伐採現場まで約20分の徒歩移動です。


見学場所に到着。まず松田さんが、素材生産業の概要を説明してくれました。


実際に林業機械が動いているところを近くで見学させていただきました。
これは、プロセッサーという林業機械で、枝払い・採寸・玉切りができます。


みんな真剣なまなざしで見つめています。




おそらく、町内の大人でも伐採現場を見る機会はなかなかないもの。
とても貴重な経験をさせていただきました。
松田林業の皆様、ご協力ありがとうございました。



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3869