平成24年度 森の保育園(春)~有住保育園

2015年2月24日

有住保育園の春の「森の保育園」が、5月25日(金)に行われました。

この日は、森の案内人の佐々木慶逸さん、紺野好子さんを講師に、有住保育園の年長8人と住田高校のボランティア高校生が3人参加。春の種山を元気に散策しました。

まずは恒例の危険な動植物の説明。森の案内人さんからしっかり教えてもらいました。


元気に散策開始です。


猿山の岩では岩登りに挑戦!何度も登ったり降りたりしていました。


ネイチャーゲーム「カモフラージュ」に挑戦。自然の中に隠した人形などの人工物が何個あるかをあてるゲームです。


カモフラージュに引き続き、昆虫の擬態のお話。ちょっと難しかったかな。


お待ちかねのお昼!高校生のお兄さん、お姉さんを囲んで楽しく食べました。


葉っぱのおひなさま作りに挑戦!とても好評で、一人で何個も作っている園児もいました。


ゴールの「せせらぎの広場」では、ちょっとだけ自由時間。池のおたまじゃくしと戯れました。


高校生のおねえさんが紙芝居を読んでくれました。実は、事前に高校生にお願いして、子どもたちに呼んであげたい紙芝居を選んでもらい、自宅で読む練習をしてもらっていました。とても上手で、子どもたちも真剣に聞いていました。


園長先生のまとめのお話。とても楽しい森の保育園でしたね。



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3869