「森林・林業を体験しよう」~木工団地見学~世田米中学校3年生 平成25年度

2015年2月24日

世田米中学校3年生25人を対象とした森林環境学習「森林・林業を体験しよう」~木工団地見学~が行われました。
これは、森林・林業日本一の町づくりに向けた町の取り組みや、町内の木材加工工場等の概要について知り、環境に配慮した産業の在り方について考えるとともに、木材加工工場を見学し、木材の様々な利用法や工場の仕事に携わる人の思いを知ることを目的に実施しているものです。

木工団地見学の前日、6月7日(木)には、産業振興課佐々木伸也林政係長を講師に、森林・林業日本一に向けた町の取り組みを学びました。木を植えてから育て、手入れをして、伐採して加工し、住宅を建てるまで、全て町内でできる「川上から川下まで」のシステムができていること、製材工場・集成材工場・プレカット工場が一カ所に集まった木工団地があり、環境に配慮し、無駄を極力少なくする取り組みをしていることを学びました。
また、ペレットストーブ・木屑焚きボイラーなどの木質バイオマスや、森林環境学習にも力を入れていること、FSC森林認証にも取り組んでいることなどを学びました。


6月8日(金)、この日も産業振興課佐々木伸也係長を講師に、木工団地を見学しました。
ヘルメットをしっかりかぶって見学を開始しました。


協同組合さんりくランバーの見学の様子です。




実際に木材に触れ、乾燥前と乾燥後の違いを確かめました。


木屑焚きボイラーも見学しました。原材料を極力無駄にせず、かつ、経済的にも有効な取り組みを見ることができました。


集成材工場、三陸木材高次加工協同組合の見学の様子です。ここでも「フィンガージョイント」という材料を無駄にしない取り組みを学びました。


けせんプレカット事業協同組合内の、ペレット製造の様子です。


けせんプレカットの高田工場に移動しました。


在来工法と金具工法について学んでいる様子です。




住宅を設計するCAD室も見学させていただきました。ここで働いている世田米中学校の先輩からも話を聞くことができました。


高田工場内も見学させていただきました。


まとめの話。住田町の森林・林業の取り組みに理解を深めることができました。



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3869