平成26年度 森の保育園(春)~有住保育園

2015年3月25日

有住保育園の春の「森の保育園」が、5月23日(金)に行われ、年長さん14人と住田高校のボランティア高校生6人が、春の種山を楽しみました。

有住保育園の子どもたちを乗せたバスが種山に到着しました。


いよいよ森の保育園がはじまります。


この日の講師は、すみた森の案内人の佐々木慶逸さんと紺野好子さん。
危険な動植物をしっかり覚えましょうね。


散策開始です。




森の案内人さんが、クマの爪あとを発見しました。


子どもたちに緊張がはしります。


いっぱいあつめたよ!












猿山の岩では、少し自由時間をとりました。
岩のぼりに夢中ですね(^^)






バッタみつけたよ!


再び散策開始です。




クロモジのにおいをかいでみました。
とってもいいにおい!




春なのに、紅葉のように色づいていました。
自然って不思議ですね。


ふきの葉のぼうし(^^)


楽しそうですね!


子どもたちが大好きな木道です。


水辺の広場まで散策し、お待ちかねのお昼です。




お昼の後は自由時間。
草原に寝ころがると気持ちいいね(^^)


高校生のお姉さんとたんぽぽの冠づくりですね(^^)


高校生のお兄さんが、絵本「たんぽぽ」を読んでくれました。


工作もしました。


高校生さんに取っ手をつけてもらって・・・


ステキなバックのできあがり(^^)


残り、ちょっとだけ自由時間。
高校生のお兄さん、お姉さんと種山を駆けまわりました。


今日も楽しい森の保育園でしたね(^^)



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515