平成26年度 森の保育園(夏)~世田米保育園

2015年3月25日

世田米保育園の夏の「森の保育園」が、7月23日(水)に行われました。
当初は7月11日(金)の予定でしたが、台風の影響で延期して実施しました。

森の案内人の吉田洋一さん、佐々木義郎さん、水野清さん、松田キヨ子さんを講師に、世田米保育園の年長さん23人が夏の種山を満喫しました。

園児を乗せたバスが種山に到着しました。


いよいよ森の保育園がはじまります。


いつもは案内人さんは2人体制ですが、日にちが変更になって高校生のお兄さん・お姉さんが参加できなくなったので、4人の案内人さんに講師をお願いしました。


まずは恒例の危険な動植物の説明です。
案内人さんが持っているのは、猛毒のドクウツギ・・・。絶対にさわっちゃだめだよ!


「種山さん、おじゃまします。がんばるぞー!えい、えい、おー!」(^^)


さあ、物見山登山開始です!




ヤッホー!(^^)


バッタつかまえたよ!




東屋でひと休み。


ここからは、5つのグループに分かれてプチオリエンテーリングに挑戦です。


うまくできるかな~


案内人さんと作戦会議ですね(^^)


チェックポイントを目指して出発!


1つ目のチェックポイントで待っていたのは、国際教育主事の美野マークさん。英語であいさつできたらクリアです。
住田町では、国際理解活動を、森林環境学習と並ぶ教育の2本柱として力を入れています。今回の森の保育園は、国際理解活動とのタイアップ事業でもあります。


「グッモーニン ミスターミノ」
「ハワユー」
「アイムファインセンキュー アンドユー」


「ベリグー!」
上手にあいさつできたので、ごほうびのシールをもらいました(^^)


次のチェックポイントは何かな~


2つ目のチェックポイントで待っていたのは、森の案内人の義郎さん。
「ハハコグサ」を見つけられたらクリアです。


「あったよ!」
見つけられましたね(^^)


急な道を登って次のチェックポイントへ。


三つ目のチェックポイント、モナドノックスで待っていたのは、林政課の佐々木淳一さん。
じゃんけんで勝負です(^^)


じゃんけんの後は、ちょっとだけ岩登りを楽しみました。




途中、森の案内人さんが、お花のことを説明してくれました。


最後のチェックポイント、物見山の頂上で待っていたのは、園長先生でした。
大きな声で「ヤッホー」ができたらクリアです。


「ヤッホー!!!」


「合格!」
園長先生からごほうびのシールをもらうことができました(^^)


先にゴールした子どもたちが、後から物見山に登ってきた子どもたちに「がんばれー!」と声をかけていました。
とても優しい子どもたちです(^^)


みんなで記念写真を撮りました。


寝ころがると気持ちいいね(^^)


ひっぱれー!


お待ちかねのお昼の時間です。


山登りの後のおにぎりは、とってもおいしいですね(^^)


お昼の後は、自由時間です。


カエルつかまえたよ!


何かいたよ!




ちっちゃくてかわいいですね(^^)




こちらでは川あそびをしてますね(^^)


楽しそうですね(^^)


森の案内人の洋一さんから、葉っぱの工作を教えてもらっていますね。


頑張ってます!


帆掛け船の完成です(^^)


こちらは葉っぱのお人形。上手にできましたね!


とーーーっても楽しい森の保育園でしたね(^^)


「種山さん、おじゃましました。また来ます!」


森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515