水生生物調査~有住小学校4年生 平成26年度

2015年3月25日

有住小学校の水生生物調査が、7月9日(水)に行われました。

水生生物調査は、川にどんな生き物がどのくらいいるかを調べることで、その川の水質を判定できるというものです。
川に入り、生物を採取し、学校近くの川のよごれ具合を調べるという体験を通して、自然環境について考えるきっかけとし、森林と川との関わりについても学ぶことがねらいです。


この日は、岩手県総合教育センター研修指導主事・中村学先生の指導のもと、有住小学校の4年生17人が、有住小学校前の気仙川で水生生物調査に挑戦しました。


まずは川の水温を測ります。


続いて川の流速を調べます。


いよいよ水生生物の採取です。


採取した水生生物は、パレットに移していきます。




何か入ってた!












サワガニもいますね(^^)


表を見ながら分類していきます。




水質は、最も良い「きれい」という結果になりました。
きれいな気仙川、これからもみんなで大切にしていきましょうね。



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515