森の生き物を観察しよう~有住小学校3年生 平成26年度

2015年3月25日

有住小学校3年生19人が、森林環境学習「森の生き物を観察しよう」に取り組みました。
これは、身近な森の生き物である昆虫について理解を深めようと実施したもので、今年度で2回目となる取り組みです。

森の案内人の佐々木慶逸さんに講師を務めていただきました。

7月14日には、事前学習を行いました。
日本の昆虫やカブトムシ・トノサマバッタのことについて、クイズ形式でプリントを使って理解を深めました。


7月22日には、昆虫を捕まえるためのワナを作りました。
教室で、紙皿、紙コップ、割り箸等でワナの準備をして・・・


有住中学校グラウンド奥の林に移動し、穴を掘って・・・


教室で作った紙コップのワナにひき肉などのエサを入れ、それを穴に・・・


穴を開けた紙皿で蓋をして・・・


屋根をつけて完成です!


また、水・黒砂糖・酢・酒を混ぜた液体をスポンジにしみ込ませたものと、バナナを焼酎に漬けたものと2種類用意し、排水溝用のネットに入れて針金で木に括りつけました。


捕まえられるといいですね。明日が楽しみです。


次の日、仕掛けたワナを確認すると・・・


いました!
コクワガタです(^^)


そのほかのワナも確認です。




ワナにかかっていた虫たちを、バットに移します。


まずは虫めがねで観察。






そして、図鑑を見ながら詳しく調べました。






オサムシの仲間やハサミムシなどがワナにかかっていたことが分かりました。


森の虫たちについて理解を深め、ワナを作って設置し、採取した虫たちに触れて観察し、図鑑で調べてみることができました。
とても良い体験学習でしたね。
お疲れさまでした(^^)



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515