「森林・林業を体験しよう」~種山ヶ原森林公園~有住中学校1年生 平成26年度

2015年3月26日

有住中学校1年生11人を対象とした森林環境学習「森林・林業を体験しよう」~種山ヶ原森林公園~が行われました。
森林を散策し、森林の役割や良さを体感することを目的に開催されているものです。

種山散策の前日、8月28日(木)には、森の案内人の佐々木慶逸さんを講師に、事前学習を実施。
森林は、単に木材を生産するだけではなく、水をたくわえて洪水を防いでくれたり、山崩れを防いだり、キャンプなど憩いの場として利用されたり、多面的に利用されていることを学びました。
また、「ツキノワグマ」や「ツタウルシ」など、危険な動植物についても学びました。


8月29日(金)、前日と同じ森の案内人の佐々木慶逸さんを講師に、種山ヶ原の散策を行いました。
中学校1年生の種山学習は、物見山登山~バス移動~せせらぎの広場でネイチャーゲーム「オーディア」という流れが定番となっていますが、人数が少なく、オーディアを実施することができないため、事前学習で学んだことを体感する内容を充実させること、森林の楽しさ・良さを存分に味わってもらうことの2点に重点をおいて活動することとしました。


あいにくの雨模様でしたが、雨合羽を着て出発です。


これが、ドングリのなる木、ミズナラです。


雨の日は、瑞々しくより美しく見えますね。


登山道が、雨水で掘られている様子を見て、森林や植物が何もないと、土砂が流されてしまうこと、森林の山地災害を防いでくれる働きを目で確認することができました。



案内人さんから色々なことをガイドしていただきながら、種山を散策しました。


ヤマハハコグサです。


宮沢賢治が野宿したかもしれないというモナドノックスに到着です。


あたりは真っ白(^_^;)


でも、とても幻想的です。宮沢賢治の世界ですね。


こちらは巨人の左足。右足は、あの山の向こう!?


物見山山頂に到着しました。


ここで元気に校歌を歌いました(^^)


再び散策開始。










クロモジの香り、とっても爽やかですね。


ここで葉っぱの勉強。トチノキの葉は、複数の葉に見えますが、実は一枚の葉なのだそうです。


まとめのお話。
天気は良くありませんでしたが、森林の機能を学びながら、幻想的な種山を楽しむことができましたね(^^)



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515