目指せ森の達人(マイスター)講座「ジオパーク編」 平成26年度

2015年3月26日

11月9日、今年度9回目の目指せ森の達人(マイスター)講座を開催しました。

今回は、三陸ジオパーク推進協議会の関博充さんをお招きし、ジオパークについて教えていただきました。


町内外から25名の方に参加していただき、午前中は遊林ランド種山の研修室で座学を行いました。


ジオパークとは何か、三陸ジオパークの成り立ち、住田の大地の魅力などを教えていただきました。


ジオパークの活動は、簡単にいうと「地域の魅力を伝えること」なのだそうです。
地元の人が当たり前だと思っていることが、実は外部の人が見ると「すごいもの」ということがよくあるようです。
まずは、自分の地域の魅力に気付くことが大切ですね。


スレートも大地の恵みの一つですね。


午後は、種山ヶ原森林公園内の、ジオに関わりのあるポイントを見学しました。


モナドノックスもその一つ。


種山ヶ原は、姥石層と呼ばれる約1億2500万年前の地層で、火山岩、火山噴出物が主に堆積した地層なのだそうです。


1億2500年前の種山・・・どんな景色だったのでしょうね・・・。



森林環境学習のページに戻る

お問い合わせ

教育委員会
生涯学習係
電話:0192-46-3863
ファクシミリ:0192-46-3515