住田町森林・林業日本一の町づくり寄附(ふるさと納税制度)による税額控除

2015年3月13日

 寄附額のうち、2千円を超える部分について、一定限度額まで住民税や所得税の軽減対象となります。
 なお、所得税・住民税から寄附金控除の適用を受けるためには、寄附をした翌年の3月15日までに、住所地等の所管の税務署へ確定申告を行う必要があります。また、申告の際には、寄附金受領証明書(寄附をした地方公共団体が発行する領収書)が必要となります。

寄附による住民税・所得税の軽減

 

住  民  税 所  得  税

 次の(ア)と(イ)の合計額が税額から控除されます。

 (ア)住民税の基本控除分
  (地方公共団体への寄附金-2千円)×10%
 (イ)住民税の特例控除分
  (地方公共団体への寄附金-2千円)×
    [100%-10%(基本分)-所得税の税率(0~40%)]
   ※(イ)の額は住民税所得割額の10%が限度。

 なお、寄付金控除の対象となる寄付金額は総所得金額等の30%

が上限です(確定申告により、寄附をした翌年度の住民税が軽減さ

れます)。

 地方公共団体への寄附金から2千円を引いた額が所得から控除

されます。よって、この額に所得税の税率を掛けた額が所得控除額

になります。

 

 なお、寄付金控除の対象となる寄付金額は総所得金額等の40%

が上限です(確定申告により、寄附をした年の所得税が控除されま

す)。

関連ワード

お問い合わせ

税務課
電話:0192-46-2111